toruのブログ

聖なるあきらめ

タラレバ病の再発

次男の命日が近づくにつれて、

気持ちが落ちてきました。

特にセンター試験の昨日、今日はダメダメでした。

彼が高校受験の時は「YOU 頑張っちゃいなよ」とふざけて言っていたけど、

センター試験の時は家庭内がメチャクチャだったから、記憶がないのです。


「もっと、落ち着いた受験勉強をさせてあげてたらこんな事にならなかったかもしれない」「お金がなくたって借金したって、好きな大学に行かせていたら死ななかったかもしれない」挙げ句には「息子が失踪した日に、私がインフルエンザにでもかかって、高熱を出して数日間、家にいたら何とかなっていたかもしれない」と、数々のタラレバが出てきます。


後悔しない人生なんてありません。

誰だって「選ばなかった人生は、どうなっていただろう?」と、思うでしょう。

タレントのパックンが「選ばなかった人生に寂しさはあるけど、どの道も幸せにつながると考える」と以前言っていました。

まだまだ、そこまで気持ちが追いつきません。


堂々巡りのタラレバ病に、いま苦しんでいます。

成人式

甥っ子が、成人式を迎えました。

就活にも使えるネクタイとお祝いを送りました。

亡くなった次男は、2年前に成人式でした。

私と長男と次男の三人で、成人式のお祝いに高級焼き肉を食べに行きました。

(他の方々からすると、ただの焼き肉ですが、いつもよりグレードの高い焼き肉だから、我が家にとっては高級なのです)


その時に撮った写真が、遺影になってしまいました。

割り引き券を持っていたのに、出し忘れ、ねちねち「あ~出せばよかった。何でださなかったんだろう」といい続けていたので、長男が「お母さんしつこい!ぼくが割り引き分は出すわ!」と、

と、言われ三人で笑った事が昨日の事のよう。


成人式を迎えた皆さんに、すばらしい未来が訪れますように。また、泣きたくなるような、苦しくつらい事もあるかもしれませんが「命を大切に」生きていってほしいなと思った一日でした。

寝言

最近、寒いのと貧血が悪化しているのとで、非常に疲れやすく、すぐにウトウトしてしまいます。

昨日も「オオカミ少年ケン」のような髪を何とかすべく、美容院に行きましたが、秒速で寝てしまいました。

しかも、寝言まで言ってしまいました。


この寝言、数年来続いています。

しかも、自分で気がつき目覚めるほどの大声なのです。

睡眠薬を飲むと怖い夢をみるし、不眠は大分改善してきましたが、寝言だけは治りません。


治る頃には、色々な悲しみも消えるのかしら?

息子には夢でも会えないし、踏んだり蹴ったりです