toruのブログ

聖なるあきらめ

麗美「星のクライマー」

私は高校生の頃、麗美というミュージシャンが大好きでした。松任谷夫妻が、惚れ込んで完全バックアップしたLPレコードを繰り返し聴いていました。

中でも「星のクライマー」は、すごく心に残っています。


これは、冒険家の植村直己さんがマッキンリーで消息を絶った後、追悼の気持ちを込めて作られた曲です。

植村さんが消息を絶った時に、友人と次のような会話をした事をよく覚えています。


「植村さんを誰も助けに行ってあげないの?」

「え?だって誰も行った事のない所に行くから冒険家なんじゃん。助けに行けるなら、冒険家じゃないよ」

「じゃあ、生きているかもしれないよ。」

「だとしても、消息絶っているから仕方ないよね」

「亡くなっていたら、遺体はどうするの?」

「そのままだろうね」

「そのままっていつまで?」

「ずっとだよ。誰も発見できない。新たに

マッキンリーに誰かが冒険に行って、たまたま見つけてっていう事が何百年後に起こればって感じ?」 


息子が亡くなった事が分かった時に、何故だか、この曲が頭にリフレインしました。

彼は、「星のクライマー」になり、「ザイルを空にかけた」のです。

夜空を見て、彼を探す毎日です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。