toruのブログ

聖なるあきらめ

フランクルみたいにいかないな

私は、そもそも一人が好きなタイプです。

だから、たいした読者家ではないけれど、

休みの日は、まったり本を読むのが好きでした。


フランクルの「夜と霧」(ナチスの収容所の経験を綴った本)を前に読んだ時に、色々考えさせられました。


フランクルは、「私達、人間はすぐに生きる意味を問おうとするけれど、実は人間が人生を問う前に、人生が人間に問いを発してきている」「あなたがどんなに絶望していても、人生があなたに絶望することはない」と書いています。


それなりに充実していた時は、この言葉に励まされた時もありました。


でも、今はまるで心に入ってこないわ。

もう少し立ち直れば心に沁みるようになるかなあ?


早くそうなれるよう、元気になれる日を

待ちたいと思います。