toruのブログ

聖なるあきらめ

デジタルシャーマンプロジェクトの不愉快さ

先日、朝のテレビで「デジタルシャーマンプロジェクト」という、ロボットの紹介がされていました。


コンセプトは、「突然の死別にあった遺族が、故人と十分お別れをしてもらうために作られたロボット」らしいです。


ペッパー君の顔のところに3Dの故人の顔を貼り付けて、ビデオなどで撮ってある声や、動作を覚えさせて、49日たったら「気持ちの整理がついたと思うので、お別れです。さようなら」と喋りだして49日に、プログラムが終了して動かなくなるという代物です。


心が歪んでいるかもしれないけど、すごく不愉快になりました。


49日で「はい、さようなら。前向きになろうね」ってなります?

しかも、もう一度亡くなるんですよ。


突然の事故や事件、また私のように身内の自死にあった人で、これ使いたいですか?


多分、何年たっても「死」を受け入れられない気がしているのに....。


全ての人の気に入る製品なんて作れるわけないけど、こんな技術は私はいらないです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。