toruのブログ

聖なるあきらめ

もしも彼だったら?

先日、持病のシェーグレン症候群の検査に行くためバスを待っていました。 
交通渋滞により、遅れる事はよくあります。が、渋滞でもないのに10分たっても15分たってもバスは来ず....。


バス停の皆さんも私もだんだん
イライラしてきました。
電車のように放送はありませんし。


その時、ふいに亡くなった次男の事を思ったのです。


「あの子だったら、どうするだろう?」


彼は、決してイライラしない子でした。彼が激昂するところなんて見た事ないし、「ムカつく」など言わない子でした。(だからこそ、いろいろな事を胸に秘め自死したのかもしれませんが)


以前の私だったらバス停の連絡先に電話して「全然バス来ないんですけど!どうなってます?」と金切り声をあげていたと思います。


でも、この時に息子だったら「健康のために歩きな。怒っちゃダメだよ」という気がしたのです。


こういう感覚は初めてです。
結局、歩きました。
息子と歩いているような気持ちになりました。


嫌な事があったら「彼ならどうするだろう?」と心を整えてみようと
思えた日でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。