toruのブログ

聖なるあきらめ

美容院

息子が亡くなってから美容院を変えました。

もう普通に家族の話をしたくないし、美容師さんに気を遣わせたくないからです。


新しく行った美容院は、お決まりのカルテみたいのを書かせられましたが、その中に「スタッフの対応への希望」の項目があり、 

*スタッフとの会話を楽しみたい

*静かにゆっくり過ごしたいから、あまり

 話しかけないでほしい

とあり、もちろん「静かに」の方を選びました。なかなか、快適で嬉しくなりました。


ところが、隣でやってもらっていたおばあちゃんが、「あの、トイレにいきたい...」と言いました。しかも、「ずっと座っていたから立てない」と両脇を二人の美容師さんに抱えられトイレに行きました。しかも、2回も。


その後、その美容院はカラーやパーマの人に

冷たいお茶かお水を出してくれて、おばあちゃんは飲んだとたんに、ひどくむせて美容師さんも背中をさすったり、声かけしたり大変そうでした。


これを書くと、誤解されるかもしれませんが

将来の自分を見ているようで、嫌になり

「早く息子のところに行きたい」と思いました。この悲しみを背負って、長生きして私は何をするんだろう?

女流作家とか芸術家なら「作品を作って、生き甲斐に!」とか考えられるのかもしれない。

でも、私は?

美容院のおばあちゃんみたいになっても、

悲しいまんまだ。

一人のまんま。

本当に長生きしたらどうしようと考えながら帰途につきました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。