toruのブログ

聖なるあきらめ

久々に読書をしてみた

気分を少し上げようと、自死遺族関連の本を

図書館で、数冊借りました。


やっぱダメだわ。

泣いちゃって読みすすめないです。


前は、読書好きだったのに文字を追えません。

テレビも流れているだけ。

頭が腐ってしまうのではないか?


そんな中、パラパラとめくった私の好きな

遠藤周作さんの「わたしが.棄てた.女」という

小説によい言葉がありました。


「自分一人だけが苦しんでいるという気持ち

 ほど、希望のないものはありません。

 しかし、人間はたとえ砂漠の中で一人

 ぼっちの時でも、一人だけで苦しんでいる

 のではないのです。私達の苦しみは、必ず

 他の人々の苦しみにつながっているはず

 です」

 

暗い話ですみません。

ただ、ブログを始めて「誰かがわかってくれ

るかも...」というのが、支えになっている気がしています。