toruのブログ

聖なるあきらめ

夏の終わりの蟷螂(かまきり)

駅で、私の足元にチョンチョンと触れる感覚がありました。

見たら、カマキリでした。


息子が亡くなるまでは、「亡くなった人が会いに来たんだよ」と言う人がいると、「ケッ‼️」って感じでした。

「スピリチュアルに毒されてんじゃないの?」と、小馬鹿にしてました。


でもカマキリを見た時に、息子が会いに来てくれたとすぐに思いました。

愛する人を亡くして、そう思う人の気持ちが理解できるようになりました。


息子が私の中に「思いやり」や「悼む気持ち」の引き出しを作ってくれたのかもしれません。


カマキリさん、鳥に見つからないようにね。

8月最後の日に....。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。