toruのブログ

聖なるあきらめ

罪悪感

震災などで生き残った方々が、「私だけが生き残ってしまった」と罪悪感を感じる現象があると聞いた事があります。


これを知った時は「え?何で?そんな事、亡くなった人は思ってないから❗」と、私には全く理解できない話でした。

しかし、私は最近この感情が強いのです。


美味しい物を口にした時、笑えるような事がおこった時、散歩していて心地よさを感じた時、この感情が沸き起こってきます。

おそらく二男は、亡くなる時すごく苦しかったはずです。そして、亡くなる場所に行く時は、絶望の淵にいたはずです。それを思うと、もう一人の私が「あんた、楽しんでいていいと思う?」と、肩たたきする気がするのです。


「そんな事を息子は思っていない」と分かっています。でも、秋の冷え込みとともに、そんな日が増えてます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。