toruのブログ

聖なるあきらめ

人生を大切に

「人生を大切にしよう」

こんな説教めいた事を、人様に言えるような

立派な生き方はしていませんし、今後も出来ないでしょう。


でも、あえて言いたいのです。

私の夫は、前からお伝えしているように

職を転々とした挙げ句、引きこもりになりました。

わがままに育ってきたのか「不本意な仕事をする位なら、働かない」という選択をしたのです。

次男は、在学中に「事業を立ち上げたい」と言い出し、縁切り死のような形で自死しました。


命を守る仕事をしている私にとって、とてもつらい出来事でした。

夫にしても息子にしても、「0か100か?」という生き方をしなくても、選択肢はたくさんあったはずです。

思うような人生が歩めなくても、意に沿わない出来事があっても、人は命ある限り「頑張らなくてもいいから、生き抜く」事が大切だと思います。


幸福論を書いたラッセルが「自分が不幸だと思うのは、自分にしか目がいっていないから」と記しています。

かくいう私も、ラッセルの様に思えないことばかりです。

でも、「人生を大切に」と常に残された長男には伝えています。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。