toruのブログ

聖なるあきらめ

大草原の小さな家になりたかった(2)

結婚して、唯一嫌だったのが彼が「転職が平気」という点でした。

バブルの時に就活した夫は、企業から接待を受けまくった世代。

だから結婚の時にも「就職は就社じゃないんだから、転職する事は何とも思わない」と言っていた時に、嫌な感じを受けました。

今から思えば、そういう「嫌な感覚」をもっと大事にすべきだったと思います。

むしろ、「チャレンジ精神のある人」と思った自分は、本当におめでたかったと思います。


そして、農薬の研究員→化学系の接着剤研究員→外資系農薬会社の研究員→化学製品の営業→再び農薬の研究員→製薬会社の研究員→特許庁→再び農薬会社

しかも、間に派遣社員で食いつなぐという感じ。


だんだん信頼もおけなくなり、家の預貯金はぐいぐい減っていきました。

(次回に続く)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。