toruのブログ

聖なるあきらめ

東京五輪と息子

西日本豪雨の被害に合われた皆様、1日も早く日常に戻れるよう祈っております。


そんな中、小池都知事の聖火リレーのルートの発表がされました。

私は、元来アツい人間でニュースを見ては憤慨し、テレビに向かって「おかしいわ!」と言うタイプでした。

しかし、息子が亡くなってからそういった感情がなくなり、全てがどうでもよくなっていました。


ところが久々に「聖火リレーなんてどうだっていいわ!」と声に出していました。

二男はとにかく「自分の意見を言わない」子でした。

だから、私が以前から「東日本の件も片付いていないのに東京五輪は反対‼️」と語るのを「まぁまぁ アツくならずに...」となだめてくれていました。


ただ同時に「オリンピックが過ぎたら、日本はとんでもない事になるよ。

仕事はなくなり、ブラック企業は増え、色んな改ざんが平気で行われるようになり、生きづらい世の中になる」と言っていました。

(色んな絶望を抱えていたのかなぁ)


久々に自分の意見を声に出しました。

二男が昨日の四十九日に戻ってきてくれたのかな?


これからもずっと二人でおしゃべりしようね。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。